2010年 12月 26日 ( 3 )

本物の攻略法と偽物の攻略法

①偽物は、如何に打たせないかの方法論が無い。何故それが必要か?
それは、勝つ事とは、投資額と出玉の差額だからだ。

②偽物は、止め時の方法論が無い。何故それが必要か?
それは、出玉を多く使うと、そこから離れられなくなり、全部呑まれれば、現金追加がありうるから。特に、早く当たった時などは、そんな傾向がある。

③偽物は、負ければホールの性にする。遠隔だとかね。

④偽物は、金の感覚麻痺になっている。
毎度2万3万円もつかう攻略法なんぞ偽物。また、攻略法を販売している本人が、そんな金額を平気で投資するなら偽物。

⑤偽物は、出玉がたくさんあれば、もっとチャンスをものにし、大勝を狙えという。

⑥偽物は、金を出してくれれば、次の攻略本・方法を教えるよと誘惑する。

⑦偽物は、売ってからもフォローするが、あくまでも、売り手と買い手との境界線がなくなるわけではない。

⑧偽物は、パチンコのプロだと自分で言っている。本物のプロと思われている人は、絶対に自分の攻略を明かさない。なので、全ての攻略法を本に書くわけではない。急所は絶対に教えることは無い。

⑨偽物は、攻略本を売って暮らしている。何故なら、パチンコで食えないから。

⑩偽物は、パチンコしかしてない。
[PR]

by tunku-world | 2010-12-26 00:39 | ひとり言

当たりとは?

多くのファンは、当たりたくて当たりたくて、全開で金を入れている。玉の入賞回数が増えれば当たる回数も増えると勘違いしているのであろうか?
入賞の数と当たりは比例しているわけではない。
だから、時間が無いからと言って全開で回しても、何の得も無いのだよ。
前にも言ったが、『当たりとは、当たっているから誰が回しても当たるんだよ。自力で当たるのではないということ』
自力で同じタイミングでスーパーリーチがオンパレードする分けなかろう?自力で一斉に当たりのランプをピカピカする?
パチンコは、芸能界と同じように『ヤラセ』なんだということ。

良く聞いてよ。
『当たりと関係ない時間トータルは、一時間に〇〇分あるんだよ。』
この〇〇分を一生懸命にファンは打っている。1分間に100発発射。あー、もったいない。
時間が無いからといって焦って打ちっ放しで。
勝ちたければ、ホルカーは、打つところで打ち、回収時は、ボーダー派に任せればよい。
それぞれ役目を果たせば良い。
[PR]

by tunku-world | 2010-12-26 00:21 | ひとり言

羽モノ

羽モノにもスーパーリーチはあるのだよ。
この一文で、あー、ツン駒の病気が始まったと思うなら、ここから読まなくても良い。
全部読んだとすれば、ツン駒の記事に興味があり、多少、信じる気持ちになっていることだということ。それとも反論の隙でも見つける?

さて、羽モノスーパーリーチとは何ぞや?
それは、下段中央の2回開閉入賞のものが、それである。
その入賞タイミングで玉が天に入賞したならば、G内に当たりが正しく入った瞬間なのだ。
もう一つは、羽に乗った玉がステージでルート変更した時なのだ。
この2種類が、羽モノのスーパーリーチである。
[PR]

by tunku-world | 2010-12-26 00:01 | ひとり言