本物の攻略法と偽物の攻略法

①偽物は、如何に打たせないかの方法論が無い。何故それが必要か?
それは、勝つ事とは、投資額と出玉の差額だからだ。

②偽物は、止め時の方法論が無い。何故それが必要か?
それは、出玉を多く使うと、そこから離れられなくなり、全部呑まれれば、現金追加がありうるから。特に、早く当たった時などは、そんな傾向がある。

③偽物は、負ければホールの性にする。遠隔だとかね。

④偽物は、金の感覚麻痺になっている。
毎度2万3万円もつかう攻略法なんぞ偽物。また、攻略法を販売している本人が、そんな金額を平気で投資するなら偽物。

⑤偽物は、出玉がたくさんあれば、もっとチャンスをものにし、大勝を狙えという。

⑥偽物は、金を出してくれれば、次の攻略本・方法を教えるよと誘惑する。

⑦偽物は、売ってからもフォローするが、あくまでも、売り手と買い手との境界線がなくなるわけではない。

⑧偽物は、パチンコのプロだと自分で言っている。本物のプロと思われている人は、絶対に自分の攻略を明かさない。なので、全ての攻略法を本に書くわけではない。急所は絶対に教えることは無い。

⑨偽物は、攻略本を売って暮らしている。何故なら、パチンコで食えないから。

⑩偽物は、パチンコしかしてない。
[PR]

# by tunku-world | 2010-12-26 00:39 | ひとり言

当たりとは?

多くのファンは、当たりたくて当たりたくて、全開で金を入れている。玉の入賞回数が増えれば当たる回数も増えると勘違いしているのであろうか?
入賞の数と当たりは比例しているわけではない。
だから、時間が無いからと言って全開で回しても、何の得も無いのだよ。
前にも言ったが、『当たりとは、当たっているから誰が回しても当たるんだよ。自力で当たるのではないということ』
自力で同じタイミングでスーパーリーチがオンパレードする分けなかろう?自力で一斉に当たりのランプをピカピカする?
パチンコは、芸能界と同じように『ヤラセ』なんだということ。

良く聞いてよ。
『当たりと関係ない時間トータルは、一時間に〇〇分あるんだよ。』
この〇〇分を一生懸命にファンは打っている。1分間に100発発射。あー、もったいない。
時間が無いからといって焦って打ちっ放しで。
勝ちたければ、ホルカーは、打つところで打ち、回収時は、ボーダー派に任せればよい。
それぞれ役目を果たせば良い。
[PR]

# by tunku-world | 2010-12-26 00:21 | ひとり言

羽モノ

羽モノにもスーパーリーチはあるのだよ。
この一文で、あー、ツン駒の病気が始まったと思うなら、ここから読まなくても良い。
全部読んだとすれば、ツン駒の記事に興味があり、多少、信じる気持ちになっていることだということ。それとも反論の隙でも見つける?

さて、羽モノスーパーリーチとは何ぞや?
それは、下段中央の2回開閉入賞のものが、それである。
その入賞タイミングで玉が天に入賞したならば、G内に当たりが正しく入った瞬間なのだ。
もう一つは、羽に乗った玉がステージでルート変更した時なのだ。
この2種類が、羽モノのスーパーリーチである。
[PR]

# by tunku-world | 2010-12-26 00:01 | ひとり言

たかが100円 されど100円


たかが100円 されど100円というとセコイという人もいるかもしれない。実際にホールでは4Pなら25玉、1Pなら100玉。というのが現実で、ホールにおいては、たいした金額ではないというイメージが湧いてくる人が多いのではないか?もし、ホールの外で喉が渇いたからコーヒーでも買うとなると、少しでも安いものを買う。10円でも多く取られると文句も言う。しかし、ホールでは、感覚がザルになるのだ。無駄に玉を打ち全部投入。単発引いたら止めることが出来ない。検証目的に玉を入れるらしい。そして、負ける。そんな繰り返しでも同じことを繰り返すから常に負け組みから脱出できない。そして、何か攻略法はないものかとネットで貪る。だが、実際には玉を無駄に使う人に特効薬は何にも無い。もし、単発引いて時短ダメなら帰ることが出来る癖が付いたら巻ける回数が減るであろう。
そもそも、100円という価値は、お店で缶コーヒーを買うと素晴らしい付帯価値がついている。
それは、そこで働く人への貢献。また、その店に関係する人人への貢献である。100円の中には、買う側の消費税があり、国に大きく貢献している。店側では、店員の給料が出て暮らしを豊かにすることに役立てる。国民年金を払うことで今のご老体を助ける。健康保険の納入で病人の手助けをする。電気代をも含んでいるので、今の季節は、暖房が使えるようになる。水道も使える。欲しいものも店は買える。仕事ゆえに店員としては、客に我慢することを鍛え上げられる。仕事を通じて人間を成長させてくれるし、世界に貢献しているかから、だから、客は神様と言った。そんな、100円をパチンコというもので人間の感覚を麻痺させているのが現実。また、攻略法と名乗り、ネット販売している人間もいる。毎日パチンコ三昧なのであろうか・・・。もちろん、パチンコ三昧人間も貢献している部分はあるが、副作用の部分が大きいゆえにユーザーはパンクする。そして、ユーザーの闇の心が働き優しさを失うのだ。
[PR]

# by tunku-world | 2010-12-25 00:42 | ひとり言

昔も今もセット打法の存在

ツン駒のパチ歴29年もの歳月が流れてもパチンコの攻略の基本は変わらない。

29年前にあった一発台には、アラジンやパラレルやスーパーコンビやフレンドがあったが、この機種にも今と変わらずスーパーリーチというものが存在していた。今は液晶系のスーパーリーチであったが、昔は違ったのだ。そのスーパーリーチを見抜くことで攻略してきたツン駒である。

今現在は、液晶系のスーパーリーチはパチンコファンなら誰でも知っているであろうが、液晶系だけではないというこを知っているのは、ごく一部のファンだけである。そして、そのファンは、セット打法を用いてるのである。セット打法など存在しないと先入観を持っているファンがほとんどかもしれない。しかし、アメブロの数人とエキサイトブログの数人は、そのセット打法で攻略している。もちろん勝ち組である。

セット打法以外に安定した勝ち抜きは不可能なのだ。

セット打法は、どこかのインチキ攻略会社が持ってるなんてことはないから絶対に買ってはいけない。

とにかく、どんな攻略法も金を払うことはしてはいけない。

金額が高い攻略法が、本物なんてことはないのだから。もし、安いものを買って攻略できないと次のものなら・・・と期待してしまうだろう?そして、次々と買い漁る事になるのだから、そんなことは止めよう。

みんな、もう一度言うからよく聞いてよ。

昔も今もセット打法は存在している。そして、アメブロやエキサイトブログに数人いるのだ。

ここで誰とは言わないし、彼らも聞いても教えてくれることないであろう。

「キーワード」「暗号」が出ていて、ヒントになっているので、気をつけてブログを見ているといい。

セット打法がインチキ紛いと思う人もいて当然である。

それは、それで良い。その先入観で、勝てているならそれでいい。

別にその人の考え方を変えようとは思わないし、説得もしたくない。

ホールに負け続けて、ホールの性にするようでは、到底勝ち組にはなれない。

移動法則や差玉なんて幽霊を追うようなもの。

そんな効率の悪いものは、絶対にやるべきではない。

http://ameblo.jp/tunkunoburogu/



ここで話を少し変えよう。

時短の話。

時短には、6分間のチャンスゾーンがあるので、それを大いに利用してもらい。

パチンコ台には、建前と本音の2種類があることは、みんな知っているのだろうか?

時短にも建前と本音があるのだ。通常のファンは、建前に専念している、ということだ。

では、本音とは何か。

本音とは、チャンスゾーンの6分間を大いに利用することである。
[PR]

# by tunku-world | 2010-12-21 18:21 | ひとり言